失われた歯を放置すると・・・

歯を失われた状態を治療せずに放置すると、口の中はどのように変化するのでしょうか?


歯が一本ないくらいでは、そこまで困らないので、そのままにしてしまったという話をよく聞きますが、その油断は、これから述べることのすべての始まりと言ってしまっても大げさではないかもしれません。


ここでは、最も最初に失われやすい場所である下顎第一大臼歯(下の奥から二番目の歯)が無くなった場合を例にとって説明してみましょう。

歯が抜けた状態を放置すると、数か月から数年の歳月を経て、イラストのように、奥の歯は手前に倒れ(傾斜)、噛み合っていたはずの上の歯は下に落ちてきます(挺出)。

歯が動いてしまうと、噛んだときにその部分だけ異常な強さでぶつかるようになり、大きな物理的ダメージが加わります。

更に、傾斜や挺出により生じた大きな段差や鋭角になった部分に、不潔になりやすい領域が出現します。平たく言うと、非常に汚れやすい歯に変化してしまうわけですね。


歯がプラーク(歯垢)や歯石などに汚染されてしまうと、虫歯や、歯の周囲の骨を溶かしてしまう歯周病という病気を引き起こしてしまうのです。


トピック 歯周病って何?


ではここでいう歯周病とは一体何なのでしょうか?聞いたことあるけど、あまり詳しくは知らないという方が多いのではないでしょうか?


ここではポイントだけお話しますが、その前に歯周病を理解するために必要な基礎知識のお話をします。


そもそも歯はなぜ固いものを噛んでも揺れ動くことなく、すりつぶすことができるのでしょうか?



それは、歯槽骨という顎の骨に支えられているからなのです。歯ぐきが歯を支えているわけではありません。いくら歯が固いといっても、同じくらいの強度を持つ支えがないと機能しません。


たとえば、釘を柔らかい土に打ってもぐらついてしまって何の支えにもなりませんよね?固い木に打つことで、支えとしての役割を果たします。それと同じで、歯が固いものを噛めるための大前提として、支える骨がしっかりしていることが必須となるのです。


歯周病とは、歯に付着する汚れ、または異常な負荷(前述)が原因で、歯を支えている大切な骨が溶けてなくなってしまう(骨の吸収)病気のことをいいます。治療をせずに放置し、重症化すると、歯の支えとなる骨がほとんどなくなってしまい、歯が抜け落ちてしまいます


その経過をイラストで見ていきましょう。








以上が歯周病の説明となります。


このように、傾斜や挺出を起こした歯は、計り知れないダメージを受けます。この状態のまま放置すると、歯の寿命が、ほとんどのケースで2/3~半分程度になってしまいます


更に言うと、このような状態では右奥歯でしっかりと噛むことができないため、反対側である左の奥歯や、前歯などに、その負担を求めることになります。



そのため、動いてしまった歯のみならず、まったく関係のない反対側の歯や、前歯にまで、噛む力を負担させるため、それらの歯の寿命にまで、影響を及ぼすことになってしまうのです。



イラストを見てわかるように、右ではほとんど噛めなくなります


こうなると、まず左の奥歯で噛むようになるのが一般的です。しかし本来噛み合わせというのは、左右でバランスよく噛むことで、歯に負担がかからない適正な力で噛めるようになっています。



したがって、左片方のみでものを噛むとなると、休む間もなく片方のみを酷使させるため従来の二倍はおろか、三倍近くの著しい負担が左の奥歯にかかるようになります。


その負担によって、左奥歯の寿命が半分以下になってしまうことも珍しくありません。


また、更にそれを放置して、左奥歯も失ってしまった場合、前歯でしかものを噛むことしかできなくなります。しかし前歯は、支えである根も細く、最初の一口、物を噛み切る程度の力に耐えられるような強度しかありません。


その歯で、咀嚼(食べ物をすりつぶすこと)を続けていれば、当然、奥歯とは比較にならないほどの短い期間でダメになってしまい、歯が失われることになります。その結果、若いうちに総入れ歯になってしまうこともあります。


これらの一連の流れを“ドミノ倒し式咬合崩壊”と私は名付けました。たった一本、歯が無くなった状態を放置してしまったことで、歯がドミノ倒しのように崩壊していくのです。


歯を失ってしまったら、できるだけ速やかに代わりとなる人工の歯を入れることで、噛む機能を回復するだけでなく、歯の移動も防ぐことになり、歯のドミノ倒しを事前に予防できるのです。


続きへ >>

お問合せ

治療に関するご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せください。
TEL / FAX 042-703-0418