失われた歯を取り戻す治療:入れ歯編

では入れ歯とは、どんな治療方法なのでしょうか。


専門的なお話になると、非常に奥深く、一般の方では理解に苦しまれてしまう可能性があるかと思いますので、ここでは、患者さんが分かりやすいことを第一目的とした文章で説明をさせていただきます。


では先ほどのフローに戻りましょう。



ブリッジによる虫歯や歯周病が原因で、右下(本人から見て)の奥計3本が失われた状態です。


そのため、その部分に何らかの方法で歯の機能を回復する処置をしなければなりません。


しかし、向こう岸に支えとなる歯がないため、ブリッジでの修復は不可能です。


なぜ向こう側に歯が必要なのかというと、以前もご説明したように、人工の歯には、


上の歯から受ける大きな噛む力を受け止められるだけの支えが必要になるからですよね。


向こう岸には歯がないけれど上の歯がある以上、どんな形にしろ、それを受け止めるものを作る必要があります


そこで作られるのが入れ歯です。


ではブリッジと違い、支えとなる歯が片方無い状態の入れ歯は、どこで噛む力を支えるのでしょうか?


答えは歯グキです!


入れ歯は、歯グキに支えを求めるため、人工の歯だけではなく、その周りにプラスチック製の人工の歯グキのようなものを付ける必要があります。



そして手前の歯にワイヤー状の留め金をつけてひっかけ、入れ歯がはずれないようにします。


ただし留め金は、はずれないようにするための役割が主で、噛む力を支える役割はほとんどありません。


そのため、歯グキで噛む力を負担することになるのですが、やわらかい歯グキでは、小範囲の面積では

とても支えにならないため、なるべく大きな面積に支えを求めなければいけません


そのため、ピンク色の、人工の歯グキのようなものを付けて、面積を大きくします。


すると、必然的に図のようなとてつもない大きな物体がお口の中に入ることになります。


ただこちら、見た目は歯グキのように見えますが、素材は硬くて厚いプラスチックです。


ご想像いただけるとおり、装着すると、大きな異物感がお口の中を支配するようになります。


また、入れ歯の部位によっては発音障害を引き起こす(舌が引っかかるため)こともあります。


そして、支えてくれる部分は、固い歯でなく、やわらかい歯グキということになります。


そのため、従来の20~30%の力でしか物を噛むことができません(食べ物を歯グキで噛むようなものです)。


ただ、患者さんによっては異物感に慣れてしまう場合もありますし、喋る時の発音も気にならない程度まで減少することもあります(入れ歯の大きさにもよります)。


しかし、それよりも本質的な問題点として、20~30%しか支える能力のない部分で、何とか噛む力を支えているために、もう一方の支えである手前側の歯に対し、過大な負担がかかることになります


その影響により、、支えとなっている留め金のかかった歯の寿命が著しく低下し、

前述したドミノ倒し式咬合崩壊が再び始まることになります。


では入れ歯を入れた後の状況を見ていきましょう。


※図は、年齢ごとのお口全体の様子を示しているので、入れ歯と関係のない説明(向かって右側のブリッジなど)も記載しています。

分かりにくければ、最初は入れ歯の部分の説明だけをお読みいただき、その後再度お読みいただいたときに、お口全体の様子をつかんでいただければと思います。

このように、ドミノ倒しのように連鎖的に歯が失われていきます。


続きへ >>

お問合せ

治療に関するご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せください。
TEL / FAX 042-703-0418